複数飼育


私の好きな熱帯魚の話から入りますが、淡水の熱帯魚の中で最強(綺麗・飼育のしやすさ・手ごろさ・種類etc)といえば、何かといわれると、圧倒的に『ベタ』という魚です。


今回のせた写真のベタは私が以前飼っていたベタです。ショーベタのハーフムーンと呼ばれるタイプです。写真が悪いですので、きれいさが伝わりませんが、ググっていただくとベタのきれいさに圧倒されます。

ベタがなぜ、最強かというと値段は手ごろ、エアーポンプを必要としない、水質もあまり問わない、小さなコップで買える、品種改良の種類も豊富、そして、カラーバリエーションに関しては、もうぶっちぎりです。ベタにない色はないと言う位にすべての色があります。


熱帯魚で有名なグッピーやディスカス(熱帯魚の王様と呼ばれている)でもここまでのカラーバリエーションはありません。


でも、そんなベタに唯一の弱点があります。それは複数飼育です。 ベタは別名:闘魚と呼ばれ、タイではケンカさせて賭けをする位の魚です。 オス同士やオスとメスを入れると相手を殺すところまでケンカします。 


もし、このベタが複数飼育できたら、もう、びっくりするぐらいに綺麗です。インスタ蠅が飛び交う位になるでしょう。けどそれができない、夢物語です。 


で、本題なんですが、猫。 猫は複数飼育できますかというと、できなくはないが、極力してはいけないが正しいと思います。

なぜダメなのかをむりやり一言でいうと、それは猫だからです。 猫=ネコ科です。

他のネコ科で群れで生活をしているのはまともにいません。 つまり、習性でないのです。

それを無理に飼うことで、ストレス状況を与えてしまいます。 たとえ仲良くしていてもです。 実際、複数飼育になると、伝染病の確率がぐっと増えますし、その症状を発現しやすくなったり、膀胱炎の確率もぐっと増えます。

特に鼻水目やにを主体とする猫伝染性鼻気管炎に関してはメチャメチャ厄介です。この病気を完全にクリアー出来ている複数飼育の飼い主さんはほぼないと言っても過言ではないです。


猫はペットとして私は最強だと思いますが(犬派の人ごめんなさい)、まさにベタのような

感じです。 群れで安心して飼育できたらいいなぁと思いますが、なかなか困難かと考えます。


子猫が落ちているシーズンは過ぎましたが、新しく猫を追加される方はご再考ください。今いる猫ちゃんのことを最優先にしてくださいね。


閲覧数:128回0件のコメント

最新記事

すべて表示

味噌汁8月後半は臨時休診の予定はありません。9月には臨時休診があります。後日記載いたします。学会準備・運営の為です。 ーーーここからは院長の駄文ですーーー 先日、臨時休診を頂き、所要のため、県外へ行きました。色々な要件をすました後、ホテルで1泊宿泊しました。 夕食はそこで頂きました。まぁ標準な料理です。刺身やら小鉢、ちょっとした鍋モノなどが出てきたのですが、置いてあるものを片っ端から食べたのですが

8月10日(水曜日)定休休診日 8月11日(木曜日) 山の日 8月12日(金曜日) 臨時休診 となります。ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いします。 以下は私の最近の思ったことです。 診察中、飼主さんがたまに倒れることがあります。 倒れる理由は様々ですが、大体が動物の血を見てとか、動物の状態がよくないことを聞いてとか病院の雰囲気でとかで、それにより、迷走反射刺激、脳貧血によるものがほとんどです。

6月からペットショップで購入した犬猫にはマイクロチップが入ってることになりました。その件は割愛しますが、拾った犬猫にマイクロチップを入れる時の手続きを書きます。 犬・猫拾う ↓ 動物病院に予約・来院、マイクロチップ挿入 ↓ 動物病院でマイクロチップ装着証明書をもらう ↓ 挿入後30日以内に 飼い主が環境省の犬と猫のマイクロチップ情報登録というサイトで 動物の登録をする。登録にはスマホがほぼ必須。先