複数飼育


私の好きな熱帯魚の話から入りますが、淡水の熱帯魚の中で最強(綺麗・飼育のしやすさ・手ごろさ・種類etc)といえば、何かといわれると、圧倒的に『ベタ』という魚です。


今回のせた写真のベタは私が以前飼っていたベタです。ショーベタのハーフムーンと呼ばれるタイプです。写真が悪いですので、きれいさが伝わりませんが、ググっていただくとベタのきれいさに圧倒されます。

ベタがなぜ、最強かというと値段は手ごろ、エアーポンプを必要としない、水質もあまり問わない、小さなコップで買える、品種改良の種類も豊富、そして、カラーバリエーションに関しては、もうぶっちぎりです。ベタにない色はないと言う位にすべての色があります。


熱帯魚で有名なグッピーやディスカス(熱帯魚の王様と呼ばれている)でもここまでのカラーバリエーションはありません。


でも、そんなベタに唯一の弱点があります。それは複数飼育です。 ベタは別名:闘魚と呼ばれ、タイではケンカさせて賭けをする位の魚です。 オス同士やオスとメスを入れると相手を殺すところまでケンカします。 


もし、このベタが複数飼育できたら、もう、びっくりするぐらいに綺麗です。インスタ蠅が飛び交う位になるでしょう。けどそれができない、夢物語です。 


で、本題なんですが、猫。 猫は複数飼育できますかというと、できなくはないが、極力してはいけないが正しいと思います。

なぜダメなのかをむりやり一言でいうと、それは猫だからです。 猫=ネコ科です。

他のネコ科で群れで生活をしているのはまともにいません。 つまり、習性でないのです。

それを無理に飼うことで、ストレス状況を与えてしまいます。 たとえ仲良くしていてもです。 実際、複数飼育になると、伝染病の確率がぐっと増えますし、その症状を発現しやすくなったり、膀胱炎の確率もぐっと増えます。

特に鼻水目やにを主体とする猫伝染性鼻気管炎に関してはメチャメチャ厄介です。この病気を完全にクリアー出来ている複数飼育の飼い主さんはほぼないと言っても過言ではないです。


猫はペットとして私は最強だと思いますが(犬派の人ごめんなさい)、まさにベタのような

感じです。 群れで安心して飼育できたらいいなぁと思いますが、なかなか困難かと考えます。


子猫が落ちているシーズンは過ぎましたが、新しく猫を追加される方はご再考ください。今いる猫ちゃんのことを最優先にしてくださいね。


72回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

おまえもか!

寒くなってきました。寒いとつらいことが起きると一層つらく感じます。このところ、夜な夜な亡くなってしまった動物のことを思い出して、自問自答や反省・なつかしさ等々、色々としんみりしています。 寒くなってきて、年末が近づくと、なぜかどの病院動物の避妊去勢手術が増えます。今年のうちにできることはやっておこう!って感じなのでしょうか。 野良猫を避妊去勢してくれというご依頼もしばしば。 野良猫は凶暴な猫が多く

11月

外に出るとこの時期のちょっとしたご褒美である、金木犀の香りがどこからかします。肌寒い風と、どこか懐かしい香りが、もう1年が過ぎたなぁ~といつも哀愁を感じます。 どこからにおってくるのかなと探すも金木犀が見つからないこともしばしば。改良した品種とはいえ、すごい匂いの力です。もとはギンモクセイからですが、私もギンモクセイは数回しか見たことがありません。 ところで、金木犀が植えてあるところって、大概なん

10/6(水) 休診日 終日電話がつながりにくい可能性

10/6水曜日は定休日になりますが、この日だけ、朝から晩まで病院の留守番電話が不通になる可能性があります。 理由は 電気保安協会の人がやってきて、その人曰く、配電盤がおかしくなってるとのこと。 病院の外の配電盤を修理する必要があるということで、10/6水曜日に停電するとのこと でした。 もともと地震などの災害発生のために当院の電話には予備電源をつけていますが、それも時間が限られていますので、切れる