top of page

7月 熱中症の知られていない恐ろしい症状

更新日:4月8日

7月に入りました。恐ろしいぐらいのカラ梅雨でした。早明浦ダムも現時点で約30%でかなりまずい状況です。 

香川は昨年に塩江の方に椛川ダムが完成し、試験湛水しておりましたので、その水である程度賄えるようですが、どこまでいけるか不安です。椛川は香川のダムの中でも最大級ですので、あの前回の水不足よりかはマシにはなってくれそうです。


熱中症疑いの患者さんも出始めております。


熱中症がどんな病気なのかを昔に比べてご存じの方が増えたと思います。


しかし、重症例はどうなるかをご存じない方はまだ多いと思います。

あまり知られていない熱中症の死亡する一歩手前の状況の一つとして『出血傾向』です。


重度の血便、粘膜下出血や皮下出血(あざ)が起きます。

こうなると高確率で死亡します。


治療として、なんと輸血なんです。熱中症に輸血!?と思われる方も多いと思います。

この輸血もまた、熱中症の治療のハードルを高めます。


熱中症はとにかく獣医師が「この子は熱中症かなぁ?」って悩むぐらいのところで

来院していただくのが一番いいです。


更にいいのはとにかく予防です。人間よりも暑さに弱いのが犬です。猫は若干強めです

が、要注意です。扇風機では犬猫はほとんど防げないと考えてください。汗をかかない

ので、汗の気化で熱を放散することができません。やはりクーラーです。

上手に使ってあげてください。



閲覧数:170回0件のコメント

最新記事

すべて表示

梅雨入りと素麺?ムダな文です。 

四国がようやく梅雨入りしましたね。そして一気に気温も上がりました。 私にとってははやくも扇風機を当てながら寝る季節がやってまいりました。 今でこんなに暑けりゃ夏場はどうなるのかと心配です。 あまりの暑さで夜間緊急の電話ではこりゃ熱中症だと思い、救急で見させていただいたワンちゃんは、幸い?熱中症ではなかったのですが、そっくり症状のけいれん発作でした。けいれん発作も最終的には熱中症みたいになり、多臓器

6月

6月は当院は臨時休診はありません。6月は熱中症が実は多いのと、猫のおしっこの病気が増えますので、要注意です。猫はドライフードばかり与えている方は缶詰を主体にしていただければ予防できる確率が増えます。ちょっとした予防方法ですので、ぜひしてあげてください。 梅雨の季節ですが、まだ梅雨入りは発表されてませんね。幸い早明浦ダムも貯水率は100%、香川には樺川ダムができましたので、今のところ心配なさそうです

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page