top of page

地震

更新日:4月8日

3月16日深夜東北でまた大きな地震がありました。 つい最近3.11の11周年を追悼したと思ったら、1週間もたたずにこんなことが起きるなんて。ほんと神も仏もいないなとつくづく思います。 


ロシアはロシアでコロナ禍の中、元気よくウクライナを進軍してます。ワクチンでもコロナに打ち勝ててないのに、戦争やる気はコロナに打ち勝っているという、なんともはや素晴らしいですね。血まみれの子供の映像を見ると自分の無力さを感じます。動物の映像も見ましたが、今まで現地であったであろう動物の保護活動なんかもあっという間に水泡と化したでしょう。むなしすぎます。


さすがに戦争までなると動物と避難なんてとてもできたもんじゃないと思いますが、天災に関しては一緒に避難できることも多いと思います。その時のために是非ともケージを持っておいた方がよいです。 抱いて逃げることなんて危険です。そして逃げられたとしても避難先での扱いに困ります。


普段、動物病院への来院のときにあまりよくない動物の連れてき方を見ていると

・ケージに複数の動物が入っている

・ケージがずっとペットショップで購入した時にもらう段ボール製である

・専用のケージでなく、日用品の代わりのものに入れている 例:衣装ケースなど


こういったケースが見られます。動物病院への通院位は何とかなるでしょうけど、避難となると難しいと思います。 

今までで一番衝撃を受けた動物の来院方法は猫で、10㎏か20kgの米袋に入れてきた方でした。あの茶色い紙でできた袋です。動物が入ってるなんてまさか思わず、出てきたときにはなんかすごい!おもしろい!そうきたか!という感動すら覚えました。


複数の動物に対して、ケージが一つというのもいざ逃げる時に1匹ケージに入れている間に先に入れていたもう一匹が逃げるなど、もぐらたたき状態になったりするでしょうし、ケージに入れるスピードを考えると複数の方が早いと思います。


避難も考えて動物1匹に1つのケージを常備しておくことをお勧めします。『そんなもん、おれんち狭まーてケージ置くとこなんてあれへんわ!』という方もおられると思います。折り畳みケージも売られていますので、ぜひ活用してください。


大きい犬であってもケージは理想ですが、レオンベルガーやらセッターなどどう考えても無理な種類もいます。そういった動物は完璧な対処は難しいでしょうが、すぐできる対処としてリードを2重3重にしておくのがよいと思います。いざ逃げたとしてもリードが多いと捕まえられる確率が飛躍的に上がります。 

閲覧数:108回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月11日(木)4月12日(金)4月21日(日)

4月の臨時休診をまた書きます。 ②4月11日(木)午前は通常診療、午後の診察4時から5時までの時間短縮診察。 ③4月12日(金)午前中休診 午後4時より診察 ④4月21日(日)臨時休診 4月11日の6時に船で島に渡り、狂犬病集合注射を行ってきます。そのため、たった1時間の診療時間となります。混雑が予想されるため、予防などはできるだけその他の日にお願いします。翌日の3時頃には帰ってきますので、12日

4月の臨時休診について 

3月 暖かくなったり寒くなったりと徐々に春に近づいていることを感じます。 そしてその春は私にとっては憂鬱な季節です。毎年書いてる気もしますが、狂犬病の集合注射シーズンが4月から始まります。 もうこのことを考えると憂鬱です。 昔、狂犬病集合注射が大変だと尊敬する先輩獣医師に言ったら、社会貢献のためだ、私は頑張ってると言われ、さすが!と感心したのですが、先輩獣医師、その数年後にやめてしまいました。Wh

2月終わり

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page