top of page

当面の間

更新日:4月8日

当面の間、待合室での待機を基本的にナシさせていただきます。


診療受付をしていただき、その後スタッフがどこで待っていただくか

指示いたします。基本的にはお車で待っていただきます。


更にエアコンはかけておりますが、できる限りの換気をしますので、寒いと

思いますが、ご了承ください。


診察室でも問診など距離を取っても差し支えないものは、私自身が診察室の

外からさせていただきます(これはコロナ禍になった時からしていますが)


皆様もご存じかもしれませんが、ただ今、当院近くでもかなりコロナが流行して

いるのを見て・聞いております。詳細な内訳は知りませんが、高松の北側に

かなり多いようです。


更にこちらの都合で大変申し訳ないのですが、当院只今スタッフが1名病欠

しており(外科疾患にて手術)、残っているスタッフにかなりの負担がかかっ

ており、それもあって、こういった方法を取らさせていただきます。

(スタッフは3月半ばに復帰予定です)


また、爪切りなど少々、延期しても差し支えないようなご依頼はできれば

オミクロンが収まるであろう2~3週間ぐらいは延期して頂いた方がよろしい

かと思います。 自宅でできない爪切りができない子は、基本的には院内でも

暴れます。暴れる動物をスタッフがおさえ、私が爪切り、飼主さんのお顔を

動物が見て安心して頂くのですが、そのとき診察室は超・密になります。


本当は窓も開けっぱなしの完全オープンでしたいのですが、どこの動物病院も

動物の逃走を防止するため、それができません。


すみませんが、宜しくお願いします。



閲覧数:563回0件のコメント

最新記事

すべて表示

梅雨入りと素麺?ムダな文です。 

四国がようやく梅雨入りしましたね。そして一気に気温も上がりました。 私にとってははやくも扇風機を当てながら寝る季節がやってまいりました。 今でこんなに暑けりゃ夏場はどうなるのかと心配です。 あまりの暑さで夜間緊急の電話ではこりゃ熱中症だと思い、救急で見させていただいたワンちゃんは、幸い?熱中症ではなかったのですが、そっくり症状のけいれん発作でした。けいれん発作も最終的には熱中症みたいになり、多臓器

6月

6月は当院は臨時休診はありません。6月は熱中症が実は多いのと、猫のおしっこの病気が増えますので、要注意です。猫はドライフードばかり与えている方は缶詰を主体にしていただければ予防できる確率が増えます。ちょっとした予防方法ですので、ぜひしてあげてください。 梅雨の季節ですが、まだ梅雨入りは発表されてませんね。幸い早明浦ダムも貯水率は100%、香川には樺川ダムができましたので、今のところ心配なさそうです

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page