6月 マイクロチップの義務化。

6月に入りました。梅雨がやってくると思うと憂鬱です。けど、水の乏しい四国、ダムの水も約50%。必要な梅雨ですね。


6月1日より、マイクロチップの義務化が始まりました。 以前からえらいさんが検討して、1日からスタートしたんでしょうけど、まぁ私ら、下っ端庶民には何にも届いてないような気がします。 私も開業獣医で飼い主さんよりかそれなりに知ってるはずなんですが、事細かなルールを知りません。少なくとも4月末日に説明会みたいなのがあったのですが、その時にも説明者が「まだ詳細わからない」という始末。5月に詰めるのかと思ったら、なんかそのまんま6月です。 まぁ、とにかくショップで売るにはチップ埋めましょう、指定されているところに登録しましょう、今すでに飼っている動物は努力義務って感じなんでしょう。


チップ入れるのは私は入れるのはどちらかというと賛成ですが、正直しぶしぶです。



たまに数ヵ月齢の子犬子猫で「こんな小さいのに入れるのはいいのか」と言われますが、小さい頃でないと太い針を刺したときに思い切り噛みついてきますので、とても入れられません。例えば、動き回るわ噛みつくわの凶暴な毛の深い大人の柴犬なんて、とてもでありませんが、確実性をもってマイクロチップを挿入するなんてできません。小さければしっかり押さえられますので、入れられます。だから小さいうちなんです。けど小さすぎると今度はストライクゾーンが狭くなるので、これはこれで入れるのが難しくなる時もあります。


私は小さい動物になんて入れたくないです。だからおすすめは避妊去勢時に麻酔下で入れてあげるのが一番いいと思います。確実ですし、痛みもなしです。


マイクロチップは安全性は高いと思います。 体の中に入れてガンを引き起こすという意見もありますが、うたがわしいです。 

それよりか人間・動物の血液からマイクロプラスチックが検出されている問題の方が、もっと怖い気がします。まして人間は長生きですので、その間どれだけ蓄積されて、どうなるのかもわかりません。そして口から食べてて、なぜに血管の中にと思います。相当細かいんだなぁと。犬猫も血液中にマイクロプラスチックを持ってると思います。


屋島の海岸を歩いて、ペットボトルや発泡スチロールなど様々なプラスチックゴミが捨てられているのを見ながら考える6月スタートでした。

閲覧数:138回0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月になりました。一気に寒くなって、布団と風呂が恋しくなりました。 寒くなったくせにまだまだノミマダニがいます。憎たらしいことに猫の体の上を昨日の診察でも走り倒してました。現代の小学生もこれだけ運動できたらいいのですが。 私は子供の頃ガリガリでチビで、見ず知らずの通りすがりのおばちゃんに「かわいそうに」と言われた位でした。当然、運動は得意ではなかったのですが、高校時代はマラソンが得意ではないのに

11月26日(土) 午前は通常診療、午後は4時~5時まで になります。 午後は診察時間1時間のみになります。できる限り早めのご来院をお願いします。 最近、驚くべき経験をしました。 飼い主様の了承を得ておりませんので、病名は控えます。 猫ちゃん(1歳以下)のメスの避妊手術をしました。 術前の血液検査をしましたが、異常なし。術前の超音波も実施、異常なし。手術前の検査でこの異常を発見できる先生はいないと

11月になりました。肌寒くなってきましたね。 11月は診察時間の変更が1日だけあります。診察時間の短縮です。 11月26日(土) 午前は通常診療、午後は4時~5時まで になります。 午後は診察時間1時間のみになります。できる限り早めのご来院をお願いします。 理由は獣医師会の研修会の参加です。今回は少々遠方で開催されるため、診察時間を短縮せざるを得ませんでした。 結構夜遅くまで開催されるため、夜の対