top of page

4月の終わり

更新日:2022年3月17日

小豆島に狂犬病の注射に行ってまいりました。桜は完全に散っておりましたが、天気も良く、その辺は気分よく仕事ができました。 小豆島にも一時、コロナ患者がでたとのことですが、いい意味で閉鎖されているおかげで、感染源特定から制圧も早かったようです。


コロナはいまだに解決策がでず、国への不満が高まっていますが、私は仕方がないのかなと思っています。 このウィルス疾患を早く収束させるには何がよかったかというと、徹底した封鎖&出た地域の人を殺処分です。 これは畜産業だと当たり前で、養鶏・養豚で鳥インフルエンザや豚熱が出たときの行う処置です。 


結果だけを見ると動物のウィルス感染症の収束は今の人間界のコロナに比べて恐ろしく早いです。それだけ封鎖&殺処分は効果的です。 短期間で結果を出すにはそれしかなかったと思います。


しかし、当然人間には倫理的に殺処分など、そういうことはできません。 しかも鶏や豚と違い、いうことの聞かない人があちこちにウィルスを持ち運びます。 動物界では渡り鳥やネズミに相当します。ブロイラーがいるような環境、あんな閉鎖された環境でなぜ鳥インフルが出るのか?それは渡り鳥とかがウィルスを運んできています。

ワクチン打とうにも副作用が~とか言っていますので、簡単に免疫から打開することもできません。

こういったことで長引いて当然だなと思います。 今回私も小豆島に行きましたが、一応今のコロナ対策をしてはいますが、私も立派な渡り鳥だなと思います。昨年から集合注射を見直さないかと私は提案したのですが、所詮私のような下っ端の意見、さらに集合注射の方が感染リスクは低いという大御所もいて、結局今年はあったようです。私は実行部隊ですので、決められたら、行きます。

5月も集合注射が2回ありますので、臨時休診があり、ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。 



閲覧数:108回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2月は今のところ臨時休診はありません。2月は手術予約が殺到しておりますので、予約を早めにしていただくと助かります。 以下、いつもの駄文です。 2月は祝日があったり、もともと日にちも少ないのであっという間に終わるような気がします。 実は私、2月29日がある年とない年があるという、つまりうるう年があるというのを知ったのは、恥ずかしながら大学生の頃でした。1年は必ず365日と思ってました。 私の考えは2

1月5日(木)通常診察始まりました。 少々混んでしまい、新年早々来ていただいた患者さんをお待たせしてしまい申し訳ありませんでした。 1月は臨時休診は今のところありません。今年もよろしくお願いします。 ーーー以下、院長の無駄文ですーーー 正月の間、八栗寺に初詣に行きました。私は無宗教で行くんだ!と心に決めて、死ぬまでそれを通そうとしておりますが、さすが日本に生まれ、日本で育ってるせいで困った時の神頼

2022年は12月30日PM7:00まで診察しています。 2022年12月31日(土)~2023年1月4日(水)臨時休診となります。 2023年1月5日(木)より通常診療となります。 ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。 これを書いたのは30日のPM5:50ごろですが、午前中はゲキ混みになり、多数の飼い主さんをお待たせさせてしまいました。申し訳ございません。今現在は比較的落ち着いております

bottom of page