2021年は

2021年の診察は今日(12/28)までとなります。毎年毎年、大晦日になるとその年にあったことをしみじみと思い出します。楽しかったことを思い出すことはほとんどなく、つらかったことや亡くなってしまった動物のことばっかりです。特にワンちゃんの場合、『ああ、来年のフィラリアシーズンにはもう、見ることはないんだな』と思うと改めて、鼻の奥がツンと来ます。この職業をやめる時まで毎年こうなるんだろうなと思います。


12月29日(水)は通常休診日

12月30日(木)~1月2日(日)は臨時休診となります。


2022年1月3日(月)より通常診察となります。よろしくお願いします。


年末年始の間の猫ちゃんの病気の予防を一言でいうと、とにかく暖かくしましょう。できれば部屋の温度は24度以上。コタツ、電気カーペットとかでなく、エアコンで部屋全体で、しかも猫がいる高さの温度が24度位←これ重要。地球温暖化や電気代も年末年始だけは目をつむって、バンバンに暖かくしてあげてください。これは水を多くのまして、冬場に圧倒的によく見られる緊急疾患である尿道閉塞(おしっこが出なくなる病気)を予防するためです。

ワンちゃんは色々ありすぎて一言ではなかなか言えないですが、しいて言うならば、異物誤食を要注意、もし食べてしまったら、同じものを持っていたら必ず持参すること!です。


来年もよろしくお願いします。

閲覧数:135回0件のコメント

最新記事

すべて表示

9月11日(日)は終日臨時休診となります。学会参加・設営補助の為です。 大変ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いします。 時折、ふっと涼しい風が流れます。秋が近づいてきてるんでしょうね。 芸術の秋、食欲の秋などなどありますが、動物にとっては食欲の秋一択でしょう。 普通に食べ物を食べてもらうのは一向にかまわないのですが、中には食べ物でないもの も食べてしまいます。 石ころ、プラスチック、ケシゴム、お

味噌汁8月後半は臨時休診の予定はありません。9月には臨時休診があります。後日記載いたします。学会準備・運営の為です。 ーーーここからは院長の駄文ですーーー 先日、臨時休診を頂き、所要のため、県外へ行きました。色々な要件をすました後、ホテルで1泊宿泊しました。 夕食はそこで頂きました。まぁ標準な料理です。刺身やら小鉢、ちょっとした鍋モノなどが出てきたのですが、置いてあるものを片っ端から食べたのですが

8月10日(水曜日)定休休診日 8月11日(木曜日) 山の日 8月12日(金曜日) 臨時休診 となります。ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いします。 以下は私の最近の思ったことです。 診察中、飼主さんがたまに倒れることがあります。 倒れる理由は様々ですが、大体が動物の血を見てとか、動物の状態がよくないことを聞いてとか病院の雰囲気でとかで、それにより、迷走反射刺激、脳貧血によるものがほとんどです。