2月入りました。 配慮の配慮

2月に入りました。 マクドナルドではグラコロバーガーが売られてますが、世間ではいまだにコロナ、セケコロです。 


テレビを見ていても皆さんコロナ疲れのせいか、不寛容なニュースばかりです。芸能人に子供が生まれたら、子供持ってない人への配慮が足りないとか、性別の欄に男・女とあれば、ジェンダーの人への配慮がないとか。だれだれへの配慮が足りないとか。あげていけばきりがないです。


窮屈というか、もうどうせぇっちゅうねんって感じです。


ならば私も配慮してほしいことがあります。沢山。 今日は小さい希望の一つを書くと、漫画とかでよくあるこれ。 


これを是非やめてほしい。 


これってとんでもないことなんです。えらいことです。

まず、猫、パスツレラ菌をはじめ、ツメにはとんでもなくばい菌だらけです。

猫にひっかかれただけでも十分人が死んでもおかしくないです。

私も死にかけたことがあります。


更に目。角膜に傷がつくと失明の可能性があり、しかも猫のツメによる場合、

感染する確率が高く、最悪、眼球を摘出することもありうります。


顔面への傷もとんでもなく治りづらく、傷跡が思い切り残ります。一生顔面のひっかき傷

と人生を共にしなくてはなりません。


アニメとかで、主人公とかが引っかかれた姿を見ると上記のことを強く連想して、

恐ろしくなります。 猫のひっかき攻撃は甘いという、世間に誤った情報を流さないで。


配慮配慮を強制するなら、ぜひついでに配慮して(冗談ですが)

221回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

おまえもか!

寒くなってきました。寒いとつらいことが起きると一層つらく感じます。このところ、夜な夜な亡くなってしまった動物のことを思い出して、自問自答や反省・なつかしさ等々、色々としんみりしています。 寒くなってきて、年末が近づくと、なぜかどの病院動物の避妊去勢手術が増えます。今年のうちにできることはやっておこう!って感じなのでしょうか。 野良猫を避妊去勢してくれというご依頼もしばしば。 野良猫は凶暴な猫が多く

11月

外に出るとこの時期のちょっとしたご褒美である、金木犀の香りがどこからかします。肌寒い風と、どこか懐かしい香りが、もう1年が過ぎたなぁ~といつも哀愁を感じます。 どこからにおってくるのかなと探すも金木犀が見つからないこともしばしば。改良した品種とはいえ、すごい匂いの力です。もとはギンモクセイからですが、私もギンモクセイは数回しか見たことがありません。 ところで、金木犀が植えてあるところって、大概なん

複数飼育