12月 フィラリア・ノミダニの予防と年末年始

12月になりました。コロナのせいで本当につまらない、くるしい年でした。


大昔、スペイン風邪やら天然痘やらペストなど大流行の時はどうやってこれらが沈静化したんだろう?と思います。医学的な知識も低いし、悪魔のせいだとか言っていた中で、よくもまぁ落ち着いたなぁと。 今回のこのコロナもワクチンとかでなく、結局は昔と変わらず、ほぼ自然的に落ち着くのでしょうかね。歴史に学ぶ・繰り返すともいいますし。


動物の予防シーズンが下火になってきましたが、ノミマダニはこちらの地方ではいます。特にマダニ。スマホいじり続ける現代っ子以上に冬でも元気に外で動いてます。しっかり予防してあげてください。


予防薬で飲むタイプの方と、首の後ろに滴下するタイプとどちらがいいのと聞かれることがよくあります。 答えは競い合うものでなく、2つの手段があってハッピーというもんなんです。

・飲むタイプは滴下タイプを嫌がったり、ハゲになったりする動物に有効ですし

・滴下タイプは飲むタイプが飲めない食べない動物に有効です。

どっちがいいかは個々それぞれ。薬の差よりも動物の差です。

こまごまと性能の違いはありますが、根本はここです。そもそもメーカーも最初は飲むタイプの予防薬しかありませんでした。しかし、しばらくして飲むのは大変だと言って滴下タイプが出ました。そしてさらに滴下は嫌がるからと言って飲むタイプを出しました。そうです、結局1周してるんです。つまりどっちもどっちです。


新しい薬をでるなら、滴下も嫌い、食べるのもダメという動物用の予防薬がでてほしいもんです。


さて年末年始ですが、12月29日(水)は通常休診日 12月30日(木)~1月2日(日)は臨時休診となります。1月3日(月)より診察となります。よろしくお願いします。

閲覧数:169回0件のコメント

最新記事

すべて表示

9月11日(日)は終日臨時休診となります。学会参加・設営補助の為です。 大変ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いします。 時折、ふっと涼しい風が流れます。秋が近づいてきてるんでしょうね。 芸術の秋、食欲の秋などなどありますが、動物にとっては食欲の秋一択でしょう。 普通に食べ物を食べてもらうのは一向にかまわないのですが、中には食べ物でないもの も食べてしまいます。 石ころ、プラスチック、ケシゴム、お

味噌汁8月後半は臨時休診の予定はありません。9月には臨時休診があります。後日記載いたします。学会準備・運営の為です。 ーーーここからは院長の駄文ですーーー 先日、臨時休診を頂き、所要のため、県外へ行きました。色々な要件をすました後、ホテルで1泊宿泊しました。 夕食はそこで頂きました。まぁ標準な料理です。刺身やら小鉢、ちょっとした鍋モノなどが出てきたのですが、置いてあるものを片っ端から食べたのですが

8月10日(水曜日)定休休診日 8月11日(木曜日) 山の日 8月12日(金曜日) 臨時休診 となります。ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いします。 以下は私の最近の思ったことです。 診察中、飼主さんがたまに倒れることがあります。 倒れる理由は様々ですが、大体が動物の血を見てとか、動物の状態がよくないことを聞いてとか病院の雰囲気でとかで、それにより、迷走反射刺激、脳貧血によるものがほとんどです。