top of page

10月 猫の巻き爪

10月になりました。暑さも和らぎました。朝起きて外に出たときにふっと空気の冷たさを感じます。 あれだけ嫌だった暑さですが、空気の冷たさは毎年さみしさを感じます。


当院も開院してだいぶたちました。病院も古くなってきましたし、患者さんも飼い主さんも私も年をとったなと感じます。 一番のおどろくことはお子さん連れの患者さん。

久々お子さんを見るといつも『えっ!?あの子がこんな大きくなったの?』と驚きます。


最近よく見るのは犬猫の巻き爪。 動物も人間同様、高齢者が増えてきてます。年取って散歩行かなくなったせいで爪が伸びる犬。飼い主さんが年取って散歩がしんどくなったせいで爪が伸びてしまうケースもあります。


猫も年取って関節が変形したりして爪をとがなくなって巻き爪になってしまいます。

猫は特殊ケースもちょこちょこあり、最近ではスコティッシュフォールドやマンチカンなど関節に生まれつきトラブルが出やすい猫は生後1歳でも爪を自分で研ぐことができず、刺さる子がいます。


どんどん爪が伸びると自分の肉球に刺さります。意外と痛がってるように見えません。ある日突然刺さるというより、じわじわと刺さりますので、そのせいで痛みに少し慣れてしまうのでしょう。なめる子もいますが、全身の関節が固くなったせいで指をなめたくても舐められない子もいます。


猫は爪を基本的には収納していて外から見てもわかりづらいことが多いです。10歳超えたら2カ月に一度は爪を出してみてあげてください。


ここでちょっとマメ知識。猫は爪がなくても爪とぎをする。 たとえ手術で爪をすべてとっても爪とぎはします。爪を研ぐ行為は目的は複数あるという説はこの点においても当たってるなと思います。


閲覧数:188回0件のコメント

最新記事

すべて表示

梅雨入りと素麺?ムダな文です。 

四国がようやく梅雨入りしましたね。そして一気に気温も上がりました。 私にとってははやくも扇風機を当てながら寝る季節がやってまいりました。 今でこんなに暑けりゃ夏場はどうなるのかと心配です。 あまりの暑さで夜間緊急の電話ではこりゃ熱中症だと思い、救急で見させていただいたワンちゃんは、幸い?熱中症ではなかったのですが、そっくり症状のけいれん発作でした。けいれん発作も最終的には熱中症みたいになり、多臓器

6月

6月は当院は臨時休診はありません。6月は熱中症が実は多いのと、猫のおしっこの病気が増えますので、要注意です。猫はドライフードばかり与えている方は缶詰を主体にしていただければ予防できる確率が増えます。ちょっとした予防方法ですので、ぜひしてあげてください。 梅雨の季節ですが、まだ梅雨入りは発表されてませんね。幸い早明浦ダムも貯水率は100%、香川には樺川ダムができましたので、今のところ心配なさそうです

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page