top of page

1月終わりそう

更新日:4月8日

2022年ももう1か月過ぎそうです。 オミクロンが恐ろしい勢いで増えてますね。このあたりは諸外国と全く同じで、日本が特別でないことが改めて分かりました。どの国もそれぞれの対応をしてますが、コロナに政策でうまくいったところは皆無のようです。


コロナに今のところ勝っている国は『北朝鮮』のようで、感染者は未だ0とのことで、素晴らしい防御力です。 いっそのこと、北朝鮮の素晴らしいコロナ予防の方法を他の国に販売したらいいんじゃないでしょうか。ミサイルで他国を脅してもらえる金額よりもよっぽどもらえるでしょうに。


香港の方ではコロナがハムスターから出て、ハムスターを処分とのことですが、その処分については色々な意見が言われていますが、私はこのご時世、仕方ないのかなと思います。

そもそもこのコロナ自体の性状がどんなのかもわかっていませんし。 下手をしたら、ハムスターの中でコロナが変異し、あらたな能力を持つかもしれませんし。 実際、猫の伝染性腹膜炎(FIP)の原因である猫のコロナウィルス(人間のCOVID19とは関係ありません)は犬に入ったのちに変異し、強力なウィルスに変わるということが知られています。


ただ、そのcovid19がハムスターから人間にうつるかというと、どうかわかりませんが、そもそもコロナが飛沫感染がメイン、空気感染もあるとしても、ハムスターのあの呼吸の力、量を考えれば、とてもじゃないけど相当な距離で近づかないとハムスターの飛沫なんか届かないと思うのですが。 いつも通り、動物に過度の接触をしなければ、十分だと私は思います。 私の病院は犬猫ウサギですが、その飼主さんも過度の接触、特に顔と顔の距離はコロナとは関係なく、適度な距離は取っていただいた方がよろしいと思います。

閲覧数:174回0件のコメント

最新記事

すべて表示

梅雨入りと素麺?ムダな文です。 

四国がようやく梅雨入りしましたね。そして一気に気温も上がりました。 私にとってははやくも扇風機を当てながら寝る季節がやってまいりました。 今でこんなに暑けりゃ夏場はどうなるのかと心配です。 あまりの暑さで夜間緊急の電話ではこりゃ熱中症だと思い、救急で見させていただいたワンちゃんは、幸い?熱中症ではなかったのですが、そっくり症状のけいれん発作でした。けいれん発作も最終的には熱中症みたいになり、多臓器

6月

6月は当院は臨時休診はありません。6月は熱中症が実は多いのと、猫のおしっこの病気が増えますので、要注意です。猫はドライフードばかり与えている方は缶詰を主体にしていただければ予防できる確率が増えます。ちょっとした予防方法ですので、ぜひしてあげてください。 梅雨の季節ですが、まだ梅雨入りは発表されてませんね。幸い早明浦ダムも貯水率は100%、香川には樺川ダムができましたので、今のところ心配なさそうです

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page