top of page

続マイクロチップ

更新日:4月8日

6月からペットショップで購入した犬猫にはマイクロチップが入ってることになりました。その件は割愛しますが、拾った犬猫にマイクロチップを入れる時の手続きを書きます。


犬・猫拾う

動物病院に予約・来院、マイクロチップ挿入

動物病院でマイクロチップ装着証明書をもらう

挿入後30日以内

飼い主が環境省の犬と猫のマイクロチップ情報登録というサイトで

動物の登録をする。登録にはスマホがほぼ必須。先ほどのマイクロチップ装着証明書を写真撮影しなきゃいけない。登録料300円。電子決済もできる。


こんな流れです。スマホを持っていて、しっかり使いこなせる人、かつ写真も撮れる人、電子決済ができる人でないと無理です。いやぁ、それなりに人を選びますね・・・ハァ。


いや、これ位で難しいというな!っていう人も多数かもしれませんが、まだ続きがあります。


これはあくまでもマイクロチップを入れたら必ず登録しなきゃいけない環境省のところの名簿への登録です。 登録すると市町村だけがこの猫は『夏目さんちのクロちゃん』だと検索できるようになります。私たち獣医師は検索できません。


実はマイクロチップを挿入したという登録先はほかにもありまして、AIPOという登録先です。こちらは飼主さんの任意で、登録するか、決めてもらいます。

つまり、環境省のみに登録するか、環境省+AIPOに登録するかということです。


マイクロチップというのは国がどうたらこうたら言う前から行ってるシステムでして、それを今まで管理していた大きな登録先というのがAIPOと言われるもので、日本獣医師会が管理してました。 20年以上前からありますので、実績・登録データ豊富です。

これには私たち動物病院の獣医もアクセスできますので、この猫は『夏目さんちのクロちゃん』と分かります。市町村もアクセスできます。 

任意ですので、入らなくてもよいですが、データも多いし、動物病院から検索できるのは大きいです。登録料1000円とのこと。これも飼い主自らしてもらいます。


で、まとめると、


犬・猫拾う

動物病院に予約・来院、マイクロチップ挿入

動物病院でマイクロチップ装着証明書をもらう

環境庁の方へ登録(300円)

↓(任意として)

AIPOにも登録(1000円)


となります。あなややこしや。あとから出来た環境庁の登録は必須、実績のあるAIPOへの登録は任意という、訳のわからないことになってます。なぜ一元化できなかったんだろう。飼主さんがややこしいだけだと思います。私がブーブー文句言っても仕方ないのですが、この融通の利かなさが日本のダメなところだと思います。


AIPOにも環境庁の方にも登録しとかないと、どこどこの誰ちゃんというのが分かりづらくなるって、どういうこと? 人間でいえば住民票とっても、それを見たり、管理する役所が2つあって、それぞれのやり取りができないってことですよね。バーンと一発管理するのが筋ってもんでしょうに。


例えば、犬にげた、誰かが拾った、警察に届けたというケースは環境庁に登録しているの方が早く飼主判明すると思われますが、誰かが拾った、動物病院に連れてきたというケースならば、AIPOを登録している方が、早く飼主判明すると思います。


せっかくお金もかかる、動物も痛い思いするなら、マイクロチップを分かりやすく、管理する側がもっともっと改善すべきです。

コロナのCOCOAみたいにならないようにしっかりしないと。


さんざんなことを書きましたが、マイクロチップは動物の最後の助けになるかもしれないものです。私も何例かマイクロチップのおかげで飼い主さんが判明して涙の再会を経験しております。少なくともプラスになるものです。特に猫。猫ちゃんは見た目に差がない子が多いです。黒い猫、キジ猫はもう、だれがだれかわかりません。ぜひ入れてあげてください。

閲覧数:303回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月11日(木)4月12日(金)4月21日(日)

4月の臨時休診をまた書きます。 ②4月11日(木)午前は通常診療、午後の診察4時から5時までの時間短縮診察。 ③4月12日(金)午前中休診 午後4時より診察 ④4月21日(日)臨時休診 4月11日の6時に船で島に渡り、狂犬病集合注射を行ってきます。そのため、たった1時間の診療時間となります。混雑が予想されるため、予防などはできるだけその他の日にお願いします。翌日の3時頃には帰ってきますので、12日

4月の臨時休診について 

3月 暖かくなったり寒くなったりと徐々に春に近づいていることを感じます。 そしてその春は私にとっては憂鬱な季節です。毎年書いてる気もしますが、狂犬病の集合注射シーズンが4月から始まります。 もうこのことを考えると憂鬱です。 昔、狂犬病集合注射が大変だと尊敬する先輩獣医師に言ったら、社会貢献のためだ、私は頑張ってると言われ、さすが!と感心したのですが、先輩獣医師、その数年後にやめてしまいました。Wh

2月終わり

Commenti


I commenti sono stati disattivati.
bottom of page