今年の8月の雨

今年は例年にない、雨が沢山降りました。まるで夏場の梅雨のような。おかげで早明浦ダムやその周囲の3ダムは満水になりました。これはよかったのですが、当院というか、おそらく全国各地もそうだと思いますが、病気が少し違ってました。


まず、雨降り気温が下がったせいで、犬の皮膚病、消化器症状が例年に比べてやや少なかった。

そして、猫の尿が出なくなる「尿閉」が多かった。本来、冬場に多く、梅雨にやや多い病気ですが、気温が下がってるせいで、多くなったと思われます。しかも、尿閉のレベルが軽いものが少なく、強いものが多かった。

この尿閉は冬場に多くなる理由として、冬は水を飲む量が少ないので、尿が濃縮して、結石ができやすくなること、寒いせいでトイレに行く回数や運動性が落ちるため、膀胱に尿が長時間静止した状態になり、結石ができやすくなるからだと言われております。


あと、珍しく今年は熱中症がきました。この子は中等症例ですぐによくなってくれました。一昨年に来られた患者さんは車内での閉じ込め熱中症で、死亡状態で残念ながら来院されました。 当院ができてからの熱中症は約10年の間に5例位だったと思います。当院周囲の患者さんが基本的に優秀だからだと思います。私が昔いた救急専門病院では熱中症は数多く見まして、1日の間(6時間の診察時間内に)に3例とかもありました。こんなに普通の病院では少ないとは思いませんでした。


熱中症は猫は極めて少なく、犬<ヒト<猫という順番で熱に強いと思います。犬を100例見る間に猫が1~2例と言ってもいい位です。さすが元砂漠の動物です。 犬も熱中症は短頭種(パグ、チン、シーズー、チワワ等、プードル←実はプードルも入ります)が弱いです。

これは生まれつき呼吸があまり上手ではないため、犬唯一の自己クーラーシステムである呼吸による冷却がうまくいかないからです。 とにかく冷やすこと。氷で冷やすよりも水道水を全身にかけ、扇風機を当てることをお勧めします。体が冷えてくると呼吸が遅くなりますので、それを確認するのが重要です。 氷水に入れたりするのはあまりお勧めではありません。


ちなみにすべての犬が熱中症に弱いわけでもなく、強いのもいます。それは外でずっと飼い続けると、ある程度強くなるようです。体の慣れ、適応でしょうか。私がそれを見て、確信を得たのが、外飼いヨークシャテリア。 毛むくじゃらで寒い地域出身の犬でどうみても室内飼育必須の犬と思ってました。 とある家(高松市内)でずーーーと外で飼育されておられてましたが、夏でも全然元気でした。 しかも、1匹でなく、4匹。人が通るたびに野獣の如く走りながら吠えてきておりました。  動物なんだかんだですごいです。

閲覧数:112回0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月になりました。一気に寒くなって、布団と風呂が恋しくなりました。 寒くなったくせにまだまだノミマダニがいます。憎たらしいことに猫の体の上を昨日の診察でも走り倒してました。現代の小学生もこれだけ運動できたらいいのですが。 私は子供の頃ガリガリでチビで、見ず知らずの通りすがりのおばちゃんに「かわいそうに」と言われた位でした。当然、運動は得意ではなかったのですが、高校時代はマラソンが得意ではないのに

11月26日(土) 午前は通常診療、午後は4時~5時まで になります。 午後は診察時間1時間のみになります。できる限り早めのご来院をお願いします。 最近、驚くべき経験をしました。 飼い主様の了承を得ておりませんので、病名は控えます。 猫ちゃん(1歳以下)のメスの避妊手術をしました。 術前の血液検査をしましたが、異常なし。術前の超音波も実施、異常なし。手術前の検査でこの異常を発見できる先生はいないと

11月になりました。肌寒くなってきましたね。 11月は診察時間の変更が1日だけあります。診察時間の短縮です。 11月26日(土) 午前は通常診療、午後は4時~5時まで になります。 午後は診察時間1時間のみになります。できる限り早めのご来院をお願いします。 理由は獣医師会の研修会の参加です。今回は少々遠方で開催されるため、診察時間を短縮せざるを得ませんでした。 結構夜遅くまで開催されるため、夜の対