なんでもかんでも

暑い日が続いてます。梅雨で香川はそれなりに雨も降ってますが、我らの四国の梅雨は今のところ結構残念で母なる早明浦ダムももうすぐ取水制限です。新宮 柳瀬 富郷の銅山3姉妹ダムももうすぐ50%に落ちる勢いです。 もっと空回りせず、肝心なところに降ってほしいです。


先日、院内の薬チェックしていると、ボスミンという薬の在庫が減ってきたので、問屋さんに注文したところ、「今、ない」と言われました。


ボスミンなんて古ーーい薬で、安く、メチャメチャ需要のある薬ではありません。けど緊急用の薬なので必要なものです。

なのになぜ?と思ったら、「コロナの集団予防接種の会場でのアナフィラキシー対策のために沢山準備しているので、動物病院にあまり卸すなと言われている」と理由を教えてくれました。


・・・またコロナかよ。コロナのせいでドッグ・キャットフードも輸入がうまくいってないし。 コロナ憎し。人間が優先なのは分かりますが、悲しいもんです。

数年前にも豚熱・豚コレラなどが流行った時、とある薬が手に入らなくなりました。豚を安楽死させるために使用するので、動物病院には下せないと・・・


犬猫は家族、虐待はダメ、しっかり責任をもって飼いましょう!って、愛護法も作りましたが、実際はこんなもんです。人間>家畜>犬猫です。 仕方ないけど、釈然としない。 ここにさらに地方差なんてものも存在します。首都圏では簡単に手に入るのに、四国では手に入りづらい薬とかもあります。


世の中つくづくバランスが取れないもんですね。私たちの次の世代ではとれるようになってもらいたいものです。

195回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

おまえもか!

寒くなってきました。寒いとつらいことが起きると一層つらく感じます。このところ、夜な夜な亡くなってしまった動物のことを思い出して、自問自答や反省・なつかしさ等々、色々としんみりしています。 寒くなってきて、年末が近づくと、なぜかどの病院動物の避妊去勢手術が増えます。今年のうちにできることはやっておこう!って感じなのでしょうか。 野良猫を避妊去勢してくれというご依頼もしばしば。 野良猫は凶暴な猫が多く

11月

外に出るとこの時期のちょっとしたご褒美である、金木犀の香りがどこからかします。肌寒い風と、どこか懐かしい香りが、もう1年が過ぎたなぁ~といつも哀愁を感じます。 どこからにおってくるのかなと探すも金木犀が見つからないこともしばしば。改良した品種とはいえ、すごい匂いの力です。もとはギンモクセイからですが、私もギンモクセイは数回しか見たことがありません。 ところで、金木犀が植えてあるところって、大概なん

複数飼育